鳥取・岩美町がマンホールカード配布 – 産経ニュース



 全国で発行が広まり、人気を呼んでいるマンホールカードの鳥取県岩美町版が作成され、4月3日から、道の駅きなんせ岩美(同町新井)で配布される。

 同カードは下水道事業の広報団体、下水道広報プラットホームが企画。ご当地マンホール蓋をデザインしたカードを、自治体と共同で作成、無料配布する。

 岩美町版は、平成28年4月にスタートした同カードの第4弾として配布。5年から町内に設置したマンホール蓋のデザインで、山陰海岸国立公園の景勝地、城原(しらわら)海岸と、町木である松が描かれている。浦富・牧谷両海水浴場沿いの道路には、同デザインのカラー版のマンホール蓋が60個設置されている。

 カードは4月3日午前9時から、希望者に原則1人1枚ずつ配布する。





コメントを残す