映画「たたら侍」20日公開、「ロケ地マップ」で島根PR – 産経ニュース – 産経ニュース



 戦国時代の島根県地方を舞台にした映画「たたら侍」が20日、全国の映画館で公開される。映画の舞台となる地元自治体では、ロケ地マップを制作するなど公開を機に地域をPRしようと意気込んでいる。

 映画は、同県出身の錦織良成監督が原作・脚本・監督を務め、青柳翔さんが主演。出雲地方で営まれてきた古くからの製鉄方法「たたら製鉄」をモチーフに日本人の精神性を描き、モントリオール世界映画祭の最優秀芸術賞を獲得した。

 映画の撮影は、オープンロケセットが設けられた島根県雲南市掛合町をはじめ、同県を中心に鳥取、岡山、青森県などで行われた。

 ロケ地マップでは、鰐淵寺や城上神社、銀山街道など島根県内での撮影場所に加え、鳥取県大山町の大神山神社奥宮や岡山県井原市の中世夢が原、青森県・陸奥湾など島根県外のロケ地についても紹介。映画の一コマや撮影風景などを交えるとともに島根県内のスポットなども掲載し、ロケ地巡りと合わせて島根観光を楽しんでもらう趣向だ。

 マップは、島根県や同県東部の自治体でつくる映画「たたら侍」支援自治体連絡会(事務局・出雲市)が10万部を制作。映画上映館やJR西日本の主要駅などで無料配布する。サイズは変形B2判のピラミッド折り。

 連絡会ではこのほか、同映画の公式ウェブサイトなどにロケ地特集ページを掲載するなどして、映画を宣伝するとともに映画に登場するロケ地を通じて地元のPRを展開する。

 映画は、全国約300館で公開の予定。山陰両県では、松江東宝5(松江市)▽T・ジョイ出雲(出雲市)▽MOVIX日吉津(鳥取県日吉津村)-で上映される。





コメントを残す