ようこそ「瑞風」 正規ダイヤでは通過の東浜駅で歓迎イベント 鳥取・岩美町 – 産経ニュース



 JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」が運行を始めた17日夕、鳥取県岩美町の東浜駅では歓迎セレモニーが開かれ、町民ら大勢の人たちが列車を出迎えた。

 東浜駅は、瑞風の立ち寄り駅となっている。初日の「山陰コース・下り」の正規ダイヤでは通過となっているが、町などの要望を受け、臨時停車した。午後6時45分頃、瑞風がホームに入ってくると、風船を空に放ち歓迎。瑞風の乗客をもてなすため復活させた地元の「東浜音頭」を、住民が駅前などで披露した。

 セレモニーで、榎本武利町長は「瑞風が止まるから行ってみたい-と世界の人からいわれる東浜をつくっていくことが、町の活性化につながる」と話した。

 瑞風を見に訪れた同町浦富の会社員、沢田孝さん(53)は「岩美町を広く知ってもらい、町がにぎやかになってほしい」と話していた。





コメントを残す