ビック・ツール、航空機素材向けドリル刃開発 穴開け素早く – 日本経済新聞



 産業用機器製造のビック・ツール(鳥取県日吉津村)は航空機の素材加工向けのドリル刃を開発した。同社が独自に開発したドリル刃の技術を応用。超硬合金を原料に使い、機体に主に使われるジュラルミン素材に素早く穴を開けることができる。すでに海外の大手航空関連企業に試作品を提供するなど顧客開拓も展開しており、新たな収益源に育てる計画だ。

 同社が2012年に本格販売を始め、機械加工や整形外科用などに使われる特殊…





コメントを残す