高級キノコ「松露」育て、白砂青松の松原再生へ 鳥取 – 産経ニュース



 白砂青松の地で育つ高級キノコ「松露(しょうろ)」の栽培を通じて、鳥取県の海岸部の松原を再生しようという県のプロジェクトが30日、北栄町江北の海岸で行われ、地元住民らが松露の菌糸体液の散布などを行った。

 松露は直径2~3センチの球形のキノコ。松のような独特の香気が珍重され、マツタケ、トリュフに肩を並べる高級食材として主に料亭で使われている。クロマツの根に菌糸を張りめぐらして共生。地表面に堆積物が少ない清浄な松林で育つが、松の落ち葉や枯れ枝などを燃料用に使わなくなったことなどからきれいな松林が減り、松露の発生は減少している。

 プロジェクトは、県内の海岸で飛砂などを防ぐ保安林になっているクロマツなどの松林が、松くい虫の被害などで疎林化している実態を受け、平成27年度にスタート。地元住民の協力を得ながら、松林を松露が育つきれいな環境に整備して白砂青松の松原を再生するとともに、将来的には松露の出荷を視野に入れ、地域活性化も目的にしている。

 この日は、地元の有志で結成した「松露の里つくり隊」や、松露の栽培技術を開発した鳥取大などから約10人が参加。海岸べりにある保安林改良事業施行地約200平方メートルで、表土のかき起こしなどを行った後、クロマツの根に松露の菌を付けるため、根元近くにじょうろで菌糸体液をまいていった。

続きを読む





コメントを残す