水球部男子が自主練習中、プールに沈み意識不明 鳥取・北栄町の高校 – 産経ニュース



 鳥取県教育委員会は19日、県立鳥取中央育英高(同県北栄町)の水球部に所属する3年生の男子生徒(18)が今月15日、自主練習中にプールに沈み、意識不明の状態で病院に搬送されたと明らかにした。搬送後も意識は戻っていない。

 男子生徒は、部活終了後の15日午後6時10分ごろ、自主練習に後輩を誘い、プール内でパス練習をしていた。後輩が、男子生徒が沈んだまま浮かんでこないことに気付き、周辺にいたOB2人とプールサイドに引き上げた。心肺蘇生措置を実施したが意識は戻らず、病院に搬送された。沈んだ原因は分かっていない。





コメントを残す