いよいよ開幕! Meet Up! 三朝でアート2017 – ValuePress! (プレスリリース)



四方を山に囲まれた静かな温泉街「三朝温泉」(鳥取県東伯郡三朝町)では、今年も、展示、ワークショップ、ライブなど、様々な分野で活躍するアーティストたちが五感を刺激するアートを展示しています。来て、観て、歩いて、参加して!新たな三朝の魅力を発見してください。2017年11月1日(水)~11月30日(木)まで。

いよいよ開幕! Meet Up! 三朝でアート2017 チラシはこちらから →  chirashi.pdf

Meet upとは、「偶然出会う」「出くわす」という意味。三朝のまちなかで、偶然出くわす「アートなできごと」

それが、「三朝でアート2017」です。緑の山々に抱かれ、四季折々の表情を見せる三朝川。温泉街の眼下に広がる、昭和レトロな商店街。その中をひそかに佇む空き店舗。そんないつもと変わらぬ「当たり前の風景」の中にアートなエッセンスを数滴落としたなら、今まで感じたコトのない、新たな三朝の魅力に出会えるはず・・・・

住む人も、訪れる人も同じ時間を過ごし体感し、小さな感動を共有できたなら、未来の三朝はもっとワクワク色に染まるはず・・・そんな想いを込めて、今年も手作りのコミュニティー・アート・プロジェクトを開催します。

染まりゆく冬の景色とワクワクな三朝のアートイベントをお楽しみください。

■11月を通して、10個のプログラムが皆さまをアートな三朝へとご招待します。

詳細情報はFacebookでチェック→ https://www.facebook.com/misasa.de.art/

●基調講演 紀の国トレイナートの挑戦!

→11月4日(土)≪18:00~21:00≫

講師に杵村史郎さんをお招きし、アートのもつ「チカラ」が地域をどう変えていくのかについて、『アート田辺2013』からつづく『紀の国トレイナート』の活動を振り返りながら熱く語っていただきます。

講師:杵村 史郎さん

●竹とうろう創作体験

→11月1日(水)~30日(木) ≪9:00~17:00≫

1節の竹とうろうを創ります。竹を選び、チョークでデザインを描き、ドリルやのこぎりで穴をあけていきます。力はそんなにいらないので、小さなお子さんでもOK!あなただけの灯りを作ってみませんか?参加費製作ワークショップ 11月中に全6日 1500円(持ち帰り可)

竹とうろうが店内を彩ります

●みささ灯り 竹切り・イラスト制作

→11月11日(土)≪9:00~12:00≫集合/三徳センター

この日だけは竹を切るところから体験スタート。11月26日(日)のライトアップイベントで使う竹とうろうを作成します。

【要事前申込11月10日】0858-43-3131(三朝でアート2017事務局)

●石ころアートでウェルカム!

→11月3日(金)~30(木)≪9:00~17:00≫

三朝町の自然石を河原や山で拾って着色し、手作りの個性あふれる「石ころ蛙アート」を創りましょう。一緒に写真を撮ってSNSで発信、三朝と人をつなごう。

制作ワークショップ 11/3 11/19 詳しくはチラシで!

石の形を生かしてLet’s try

●ライブペイント・道路でお絵かき

→11月19日(日)≪9:00~12:00≫三朝温泉多目的駐車場

長さ約10メートル・幅約1メートルの布を3枚ひいて、アーティストがライブペイントします。その後、みんなでお絵かきをして完成させてください♪出来上がったら飾ってみんなで記念撮影。当日参加OK ぜひお越しください!

≪三朝温泉の概要≫

【三朝温泉の概要】

「三朝温泉」は、1164年に源義朝の家来である大久保左馬之祐が、山陰有数の霊場三徳山に参拝の途中に仏の導きで発見されたとされ、三徳山の門前町として栄え多くの人を癒してきました。泉質はラジウム温泉で、1916年(大正5年)にはラジウム含有量が高温泉で世界一と発表され、その後も世界屈指のラジウム温泉とされています。2015年4月に「三朝温泉」は、六根清浄と六感治癒の地~日本一危ない国宝鑑賞と世界屈指のラドン泉~として「日本遺産」に認定されました。これは、文化庁が“文化財クールジャパン”として地域に点在する文化財や歴史的魅力を語るストーリーを認定するものです。

<本件に関するお問い合わせ先>

三朝町商工会 三朝温泉ブランド化推進委員会

鳥取県東伯郡三朝町大瀬999-2  TEL:0858-43-3131

メール: misasa-sci@tori-skr.jp

プレスリリース資料はこちら 三朝でアートプレスリリース.docx





コメントを残す