笑い飯・哲夫と加藤アプリのトークショー開催! 笑い飯・哲夫プロデュース 笑える”梨”シリーズ 東郷梨”王秋”の試食・販売会&加藤アプリの”東郷梨”農家の勧め”with笑い飯 … – エキサイトニュース



11月21日(火)、東京の「とっとり・おかやま新橋館」にて、「笑い飯哲夫プロデュース 笑える”梨”シリーズ 東郷梨”王秋”の試食・販売会&加藤アプリの”東郷梨”農家の勧めwith笑い飯哲夫ステージショー」が開催され、笑い飯・哲夫、加藤アプリが出演しました。

2017年4月より、”農業で住みます芸人”として鳥取県湯梨浜町に移住し、20世紀梨をはじめとする”東郷梨”の栽培に従事している若手芸人の加藤アプリと、その指南役として月に1度湯梨浜を訪れ、栽培を体験した笑い飯・哲夫が、20世紀梨の栽培を通じて感じた苦楽や歴史、梨の農家の経済学などの実態をプレゼン方式で発表し、新規就農を希望されている方に向けて芸人らしく発信する本イベント。さらに、今回の企画で生まれた、20世紀梨をオールシーズン楽しめる新土産『笑い飯哲夫プロデュース 笑える”梨”シリーズ』や、湯梨浜町東郷梨”王秋”の試食&販売会も同時に行われるなど、湯梨浜町の魅力を存分に感じることのできるイベントとなっています。

イベントスタート前は、加藤アプリが店内で買い物中のお客さんに声をかけ、『笑い飯哲夫プロデュース 笑える”梨”シリーズ』のひとつである『いろいろ入って飽きナシバー』の試食をしてもらいながら、イベントのPRを行い、自らお客さんを呼び込みます。

時間になり、いよいよ「加藤アプリの”東郷梨”農家の勧め”with笑い飯哲夫ステージショー」が始まりました。





コメントを残す