ポケGOイベント範囲拡大 鳥取県、混雑緩和で – 産経ニュース



イベント・祭典


更新
sty1711250023




 鳥取砂丘で開催されている「ポケモンGO(ゴー)」のイベント=25日午後
 鳥取砂丘で開催されている「ポケモンGO(ゴー)」のイベント=25日午後

 「ポケモンGO(ゴー)」のイベントでにぎわう鳥取砂丘=25日午後

画像を拡大する


 鳥取砂丘(鳥取市)で24日から開催中のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」のイベントで、主催する鳥取県は25日、イベントの範囲を当初の砂丘のみから県東部全域に拡大すると発表した。初日だけで全国から約1万5千人が集まり、混雑緩和のためという。
 イベントは26日までの3日間で、期間中は日本ではなかなか出現しないキャラクター「バリヤード」などが現れるほか、普段は出現率の低いキャラクターも多く現れる。

 鳥取砂丘で「ポケモンGO(ゴー)」を楽しむ人たち=25日午後

画像を拡大する


 県によると、24日は例年の5倍以上の観光客が鳥取砂丘を来訪。県は砂丘とJR鳥取駅などをつなぐシャトルバスを用意したが、最大3時間待ちに。砂丘近くの道路は大渋滞となったほか、違法駐車が横行した。
 週末にはさらに多くの人が訪れることが予想されるため、県はアプリの運営会社と協議し、イベントの新たな範囲を鳥取市と岩美町、智頭町、八頭町、若桜町の1市4町とした。







コメントを残す