大山頂上付近で発見の死亡男性は岡山の会社員 スマホから身元判明 鳥取県警 – 産経ニュース



 鳥取県警は18日、鳥取県大山町の大山(1729メートル)頂上付近で倒れていたのを17日に発見され、死亡が確認された男性は岡山県倉敷市の会社員、矢野良太さん(32)と発表した。死因は分かっていない。

 矢野さんは17日午前8時20分ごろ、大山頂上付近の登山道から約1メートル脇で倒れているところを登山客のグループに発見された。通報を受けた県警などが救助したが、搬送先の病院で同日夜に死亡が確認された。

 所持していたスマートフォンなどから身元が分かった。事前に登山届は出されていなかった。





コメントを残す