2年連続で観光客200万人 鳥取・境港の水木ロード 28日に感謝祭 – 産経ニュース



 再整備工事が進む鳥取県境港市の水木しげるロードで、今年訪れた観光客が200万人を突破した。2年連続の年間200万人達成で、これを記念して市は28日、大感謝祭を開催して観光客に餅をプレゼントする。

 ロードは今年5月、本格的な再整備工事に着手。工事に伴って撤去した妖怪ブロンズ像は順次、JR境港駅前の公園に移設し、7月18日から「世界妖怪会議」を開き、心配される観光客の落ち込みに対処した。これが功を奏した形で、今月23日に200万人を超えた。

 月別の観光客数は、夏休み期間中の8月が37万人と最も多く、5月が30万人、11月の21万人などの順。1日当たりの観光客数は、5月の連休中が多く、4日の5万1千人がトップ。以下、5日の4万6千人、3日の3万3千人などと続いた。

続きを読む





コメントを残す