鳥取の解体中民家から不発弾か 周辺住民に避難呼びかけ – 朝日新聞



【動画】周辺で不発弾が見つかったため列車の運転が見合わせになり、利用客で混雑するJR鳥取駅

 29日午前9時半ごろ、鳥取市富安2丁目で「解体中の民家から不発弾のようなものが出てきた」と通報があった。鳥取署によると、発見物は長さ数十センチの円錐(えんすい)形。署は周辺住民に避難を呼びかけている。現場はJR鳥取駅から南東へ300メートルほどの市街地。危険性の有無などを確認するため自衛隊に協力を要請しているという。県によると、現在のところ爆発の危険性はないという。

 JR西日本米子支社は午後0時15分ごろから運転を見合わせていた山陰線の倉吉―浜坂駅間と因美線の鳥取―智頭駅間の運転を午後2時までに再開した。





コメントを残す