「コナン」青山さん「復帰へ頑張る」 故郷でイベント – 朝日新聞



 鳥取県北栄町出身で人気アニメ「名探偵コナン」の原作者青山剛昌さん(54)がファンと触れ合うイベントが3日、同町であった。漫画の長期休載を発表していたが、国内外から参加した約400人のファンに、元気な姿を見せていた。

 青山さんが公の場に姿を見せるのは、昨年12月に漫画「名探偵コナン」の長期休載を発表してから初めて。イベントは毎年、青山さんの里帰りする正月に開かれ、今年で8回目。体調への心配を吹き飛ばすように、約2時間半にわたりファンと交流した。

 イベントでは、参加者と青山さんとのじゃんけん大会などがあり、勝ち残った一人に、名探偵コナンの作中に登場する権利が贈られた。青山さんへの質問も受け付け、「来年の映画の主役は誰か」「米子市が舞台になる予定はあるか」など、さまざまな質問で盛り上がった。初めて参加した千葉市の会社員古賀晶さん(24)は「コナンの裏話をたくさん聞けて楽しかった」と話した。

 青山さんはイベント後に取材に応じ、「こんなにたくさんの人に来てもらえてありがたい。早く復帰できるように頑張るので、待っていてください」と、復帰への意欲をみせた。(鈴木峻)





コメントを残す