中部にもワイン特区 地元販売会社が参入 – 日本海新聞



2018年1月11日

 鳥取県の倉吉市と湯梨浜町、北栄町が国に共同申請していた「ワイン特区」が認定された。特区内では、製造免許を申請する際、酒税法の最低製造数量基準が緩和され、小規模な生産者らでも醸造に参入できることになる。





コメントを残す