「服役中に認知症悪化が多く…」高齢受刑者の「介護」、重荷に : yomiDr … – 読売新聞



 「いつもどうやっているか覚えている?」

 収容者の約2割が60歳以上の鳥取刑務所(鳥取市)。廊下の手すりを伝いながらリハビリ室に現れた男性受刑者(74)の耳元で、男性刑務官が大きな声で語りかける。受刑者はしばらくの沈黙の後、こうつぶやいた。「忘れた」

 この受刑者は覚醒剤取締法違反で実刑が確定し、約2年半前に入所。2年前から物忘れなどの症状が表れ、他の受刑者と一緒に刑務作業ができなくなった。今では手すりなどにつかまって歩くのがやっとの状態だ。単独室にある男性受刑者の布団には防水カバーが掛けられていた。便器への移動が間に合わないこともあるためという。

 同刑務所の刑務官は、「週末などは室内にこもりがちになるせいか、服役中に認知症の症状が悪化する受刑者も多い」と話す。

 鳥取刑務所では、高齢受刑者らを対象に、平日のほぼ毎日、個別に約30分間のリハビリが行われている。寝たきりになることなどを防ぐのが狙いだ。

 「何本に見えますか」。女性の介護福祉士(26)が頭上に指2本を掲げた。「3本」。約2年半前に入所し、物忘れなどの症状が進む男性受刑者(74)がこう答えると、介護福祉士は「2本ですよ」と優しく声をかけた。

 男性受刑者は指示に従って体を伸ばしたりするが、時折、「あっ」と痛そうな声を漏らしていた。

 受刑者の高齢化を受け、国は今年度から、約30人の介護スタッフを全国の刑務所に配置。鳥取刑務所も介護福祉士1人を採用し、平日に30~40分、受刑者に運動などの指導を行っている。

 だが、刑務官の負担は重い。所内には階段を使わないと行けない面接室などもあり、刑務官が2人がかりで背負って運ぶこともある。食事をのどにつまらせる恐れがあるため、食べ物を細かく刻み、食事中を通して見守る必要がある受刑者もいる。同刑務所の刑務官はこうため息をつく。「『介護棟』のようなものを作らないと対応が難しい」

 浜井浩一・龍谷大教授(刑事政策)は、「ヨーロッパでは重大事件を除いて高齢者を刑務所に入れない国が多い。これだけ認知症の受刑者が多いのは日本くらいであり、認知症が進行した場合は刑の執行を停止し、福祉施設に入れるべきだ」と指摘する。

 認知症の出所者らを支援する社会福祉法人「南高愛隣会」(長崎県)などが、2015年~16年7月末に行った追跡調査によると、認知症の疑いがあるとして調査対象とした受刑者72人中、出所時に福祉施設の確保や生活保護の申請などをしてもらえる「特別調整」を使って出所した16人は、調査期間中に罪に問われることはなかった。一方、特別調整を使わず出所した29人中、5人が再び罪を犯したとして起訴され、すでに3人は刑務所に収容された。

 法務省は今後、認知症受刑者に特別調整の利用を促し、再犯率の低下につなげたい考えだが、課題は残る。

 特別調整は、出所後の孤独感や経済的不安を和らげ、再犯を減らすことなどを目的に09年度から導入されているが、本人の事前の同意が必要だ。鳥取刑務所の別の刑務官は「これまでは、利用を勧めても断られることも多かった」と明かす。

 また、そもそも制度について受けた説明を数時間後には忘れてしまう受刑者もいるほか、「会社を始めるから必要ない」などと実現性の乏しい話を繰り返す受刑者に対し、面接を4~5回重ねた末にようやく同意を得たこともあったという。

 同省幹部は「認知症受刑者の病状を把握してきめ細やかな処遇を行うとともに、病状が進む前から特別調整の利用を促すなどし、医療機関や福祉施設と連携して再犯の防止につなげていきたい」と話している。





コメントを残す