「災害時のスマホバッテリーは」「コナンにちなんだ旅行プランを」 鳥取・北栄町で高校生議会、町長に切り込む – 産経ニュース



 次世代を担う高校生に地元町政への関心を高めてもらおうと、鳥取県北栄町で15日、高校生議会が開かれた。県立鳥取中央育英高校(同町)の生徒12人が議員を務め、松本昭夫町長らに防災対策や経済振興、観光誘客策などを質問した。

 高校生議会は、若い世代が地域に親しみを持つとともに、開かれた町議会を進めようと平成27年から行われ、今年で4回目。同校では総合的な学習の時間を利用し、2年生約150人が同町を中心としたフィールドワークで地域課題に取り組む授業「地域探求の時間」を実施。その中で生まれた疑問や意見などを、同議会で質問した。

 田中創太さんは、災害時はスマートフォンが必需品だとして「モバイルバッテリーを避難所に配置してはどうか」と提案。松本町長は県中部地震の状況から「災害時にスマホは持って出ても、充電器などを忘れることが多い」と述べ、町の備蓄にモバイルバッテリーなどを加えた、と説明した。

続きを読む





コメントを残す