油藤商事 天ぷら油の廃油、精製し燃料に(関西企業のチカラ) – 日本経済新聞



 滋賀県草津市のJR草津駅前で進む北中西・栄町地区の再開発事業。稼働する重機の燃料はバイオディーゼル燃料(BDF)だ。ガソリンスタンド(GS)運営の油藤(あぶらとう)商事(滋賀県豊郷町)が草津市民から天ぷら油の廃油を集めてBDFに精製し、事業主体の西松建設に供給する。油藤商事の青山裕史専務は「エネルギーの地産地消の形」と話す。

 油藤商事は鉱山の坑内を照らす石油ランプの行商に始まる。現在はグループ会…





コメントを残す