鳥取・日南町森林組合 3D地上レーザー測量 システム県内初導入 – 山陰中央新報



 日南町森林組合(平田広志組合長)は3次元(3D)地上レーザー測量を活用し、森林資源量や木材生産見込量などを的確に把握する新システムの運用を始める。立木の本数や材積量のほか、地形データに基づく作業道敷設の設計と搬出コストのシミュレーションも可能。県内の森林組合で初導入となるシステム運用に乗り出す町森林組合担当者は「森林資源の見える化によって課題の山林集約化や不在村地主対策などに対応でき、安定的な林業経営の効率化につなげたい」と期待する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】





コメントを残す