鳥取県の男性職員不起訴 強制わいせつ疑い – 産経ニュース



 鳥取地検は14日、知人女性の体を触るなどしたとして強制わいせつ容疑で逮捕された鳥取県長寿社会課の男性主事(33)を不起訴処分にしたと明らかにした。処分は13日付。

 地検は「起訴するに足る悪質性がなかった」としており、起訴猶予処分とみられる。

 先月中ごろ、鳥取市内の駐車場で知人女性を乗用車に連れ込み、体を触るなどした疑いで、鳥取署が逮捕していた。





コメントを残す