東洋エンジ、勝浦市で32MWのメガソーラー受注、総受注量は580MW超に – 日経テクノロジーオンライン



「瀬戸内Kirei太陽光発電所」の完成予想図

(出所:東洋エンジニアリング)

[画像のクリックで拡大表示]

 東洋エンジニアリングは2月20日、千葉県勝浦市に建設予定のメガソーラー(大規模太陽光発電所)を受注したと発表した。完成は2019年の予定で、発電した電力は、東京電力エナジーパートナーに全量売電する。

 複数の投資家が出資する事業会社である合同会社KSパワー1(東京都千代田区)が計画するメガソーラーで、太陽光パネルの設置容量は32MW、パワーコンディショナー(PCS)の定格出力(連系出力)は24MWとなる。東洋エンジニアリングは、EPC(設計・調達・施工)サービスと試運転を一括して請け負う。

 東洋エンジニアリングは、岡山県瀬戸内市の錦海塩田跡地を再開発する「瀬戸内Kirei太陽光発電所」(パネル容量235MW・連系出力186MW・2019年稼働予定)(関連記事)、同県美作市の「パシフィコ・エナジー美作武蔵メガソーラー発電所」(パネル容量42MW・連系出力30.2MW・2016年7月稼働)(関連記事)、同県久米南町の「パシフィコ・エナジー久米南メガソーラー発電所」(パネル容量32MW・連系出力26MW・2016年3月稼働)(関連記事)など、特別高圧送電線に連系する大型案件のEPCサービスを数多く手掛けている。

 今回の受注により、東洋エンジニアリングが手掛けた太陽光発電所の出力の合計量は580MWを超えるという。





コメントを残す