らんぷの湯 全焼 – 読売新聞



 ◇出雲 未明の駅前 住民ら避難

 27日午前1時55分頃、出雲市駅南町の日帰り温泉施設「出雲駅前温泉 らんぷの湯」から出火、木造一部2階建て約450平方メートルを全焼した。当時は営業を終えており無人で、けが人はなかった。現場はJR出雲市駅前で、近くにビジネスホテルやマンションが立ち並び、同市消防本部と出雲署は延焼の恐れがあるとして宿泊客や住民に避難を呼びかけた。27日のJRの運行に影響はなかった。

 同署によると、従業員がらんぷの湯を最後に出たのは26日午後11時40分頃で、同58分から機械警備が稼働していた。同署や同市消防本部が原因を調べている。

 同市消防本部や近くの住民によると、らんぷの湯では出火後、「ボン、ボン」と何度も爆発音がしたという。火勢が強く、約4時間50分後にようやく消えた。炎の熱で同じ敷地にある居酒屋の扉が変形するなどした。近くの住民男性は「客がおらず、列車も走っていない時間だったのは良かったけれど……」と話した。

 隣接するビジネスホテルでは発生直後、館内放送で宿泊客に1階ロビーへ避難するよう促した。法事で出雲市に帰省し、8階に宿泊していた兵庫県明石市、中村勝信さん(73)は「何事かと思い非常口を開けたら、熱風で頬が熱くなり、『これはいかん』と避難した。他の客もロビーで心配そうだった」と話していた。

 出雲署と出雲市消防本部は27日午前10時から火災現場で実況見分を実施。2階部分の部材が落下していることから時間がかかり、28日も引き続き実施する。

 同市消防本部はこの火災を受け、出雲市内の公衆浴場施設などを対象に立ち入り検査を実施し、防火管理者の配置や年2回の消防訓練などが正しく行われているかを確認する方針。

     ◇

 らんぷの湯は2004年9月にオープンし、出雲市の土木建設会社「今岡工業」の関連会社で飲食施設などを手がける「イマコウランド」(今岡余一良代表取締役)が経営。1階に内湯や露天風呂、サウナなど、2階にマッサージ室がある。

 浴室はほのかなランプの明かりで趣があり、駅前の立地条件から出雲大社の観光客らも訪れることが多かった。特に、午前10時の開店時間直前に到着する東京発の寝台特急「サンライズ出雲」を降り立った乗客が、出雲大社の参拝前に旅の疲れを取り、身を清めるため、らんぷの湯に立ち寄る観光スタイルはインターネットのブログなどで紹介されるほどの人気ぶりだった。





コメントを残す