シカのジビエ、鳥取県が2位 16年度の利用量 :日本経済新聞 – 日本経済新聞



 農林水産省が2017年度に初めて実施した「野生鳥獣資源利用実態調査」で、16年度のシカのジビエ(野生の鳥獣肉)利用量について鳥取県が都道府県で2位となった。県はジビエを活用した地域振興に力を注いでおり、食のみやこ推進課の担当者は「今後も販路拡大やブランド化を進めて利活用を増やしたい」と話している。

 調査によると、シカのジビエ利用量は全国で665トン。都道府県で1位が北海道の400トンで、鳥取の4…





コメントを残す