漫画やアニメ使った観光振興続々 その効果は? – 神戸新聞



 漫画やアニメを活用した観光振興が全国で広がっている。漫画「ゲゲゲの鬼太郎」をテーマにした観光スポット「水木しげるロード」がある鳥取県境港市や大ヒット映画「君の名は。」のモデルの一つになった岐阜県飛騨市などのほか、兵庫県内では宝塚市の手塚治虫記念館もファンを引き付けている。「アニメ・マンガで地域振興」(東京法令出版)などの著書がある北海道大学観光学高等研究センターの山村高淑(たかよし)教授に、その効果や可能性を聞いた。

     ◇

 漫画やアニメの制作側は観光地などとタイアップすれば、ファン以外にも作品を宣伝しやすい。作品は基本的にファンタジーなので、しらけず楽しんでもらうにはリアリティーも必要。実在する地域と組めば「本物感」を付与できる。自治体側も、地域の資源をポップカルチャーにできる。

 肝は漫画・アニメのファンに、地域のファンにもなってもらえるか。地域に根付いた「本物の資源」がないと表面的な宣伝で終わってしまう。例えば、競技かるたがテーマの漫画「ちはやふる」に登場する大津市は、百人一首やかるたと縁が深い近江神宮や歴史があったので観光客が増えた。

 漫画やアニメファンは、作品の物語に深い興味を持って地域を訪れるので、他のシティープロモーションより成功する可能性は大きい。





コメントを残す