鳥取・日南町 人材不足受け モンゴルから就労者受け入れ – 山陰中央新報



 人口減少に伴う深刻な人材不足を受け、日南町が中山間地域へ外国人就労の動きを促すパイロット事業に乗り出す。県民レベルの交流団体・県モンゴル中央県親善協会と連携し、モンゴルの公立学校で日本語を学んだ卒業生らを受け入れ、求人確保にあえぐ福祉や農林業の分野で技能習得してもらう。行政主導の取り組みは県内でもまれ。関連事業費250万円を2018年度一般会計当初予算案に盛り込み、2日開会の3月定例町議会に提出した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】





コメントを残す