鳥取・大山町の子育て支援策奏功 保育園転入希望が6倍超 – 山陰中央新報



 2018年度に大山町の保育園へ町外から転入を希望する0~5歳児が17年度の約6倍以上に跳ね上がっている。転入は町内在住が条件のため、町は移住につながる動きを歓迎。17年春の竹口大紀町長就任後、積極的に打ち出した保育料無償化や高校通学費補助といった子育て支援施策が奏功したのではないかとみて、動機の分析に取り組む。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】





コメントを残す