平仮名音読支援を拡大、全小学校で 米子市教委 – 日本海新聞



2018年3月8日

 米子市教委は7日、市内の読み書きが困難な児童を対象に早期に平仮名の音読を指導し、能力の向上を図る取り組みを2018年度から全小学校に拡大する方針を示した。市議会本会議で矢田貝香織議員(公明党)の質問に答えた。





コメントを残す