倉吉にメガソーラー計画 20年発電開始へ – 日本海新聞



2018年3月10日

 電力事業を手掛ける「Sun Station Hikari Ⅶ合同会社」(東京都港区)が、倉吉市和田のゴルフ場跡地に大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設を計画していることが9日、分かった。鳥取県内では最大級の規模となる見通しで、今年7月に着工して2020年の発電開始を予定している。





コメントを残す