米子高島屋東館の無償譲渡正式決定(鳥取県) – 日テレNEWS24



米子高島屋東館の無償譲渡正式決定
(鳥取県)

米子髙島屋の東館を無償譲渡することが正式に決まった。今後は今年秋のオープンに向けて、フィットネスクラブや銭湯などからなる体験型施設に生まれ変わる予定。米子市の伊木市長は、3月議会の最終日となる22日、市が保有している髙島屋東館を「株式会社ジョイアーバン」に無償譲渡する議案を提出した。米子市の中心市街地、角盤町にある米子髙島屋は去年12月、東館を米子市に無償譲渡し、営業を本館のみに絞っている。店舗はなくなり、がらんとしている現在の髙島屋東館。米子市では、東館の活用策を民間から募集し、飲食ゾーン、フィットネスクラブ、スーパー銭湯など「“体験型”の複合施設でにぎわいを生み出す」とした「ジョイアーバン」への無償譲渡を決めていた。これに対して市議会では、今後のスケジュールなどについて質問が出されたものの、反対意見は出されなかった。議案は了承され、髙島屋東館の無償譲渡が正式に決まった。スムーズな決着の背景には、中心市街地の現状がある。米子市の中心市街地の空き店舗率は、去年2月の調査で29.1%となるなど、にぎわいが失われつつあり、対策が急務となっている。今年秋が予定されている髙島屋東館のリニューアルオープンは、関係者にとって、中心市街地復活への“第一歩”となる。

[ 3/22 16:20 日本海テレビ]





コメントを残す