西郷隆盛の真筆詩書 用瀬の寺に保管 – 日本海新聞



2018年3月30日

 明治維新の立役者である西郷隆盛(1827~77年)の直筆の詩書が、鳥取市用瀬町鷹狩の大安興寺(だいあんこうじ)に保管されていることが29日までに分かった。明治政府を離れ、





コメントを残す