台湾からツアー3000人 誘致成功 12月まで90回開催 /鳥取 – 毎日新聞




 県は、台北市(台湾)から延べ約3000人が県内を訪れる観光ツアーの誘致に成功したと発表した。海外からのツアーとしては過去最大規模。県は台湾と鳥取空港を結ぶチャーター便の運航も目指しており、近年アジアでも人気の高い「ゲゲゲの鬼太郎」「名探偵コナン」などの知名度も生かして今回の成果で弾みを付けたい考え。

 県の要請を受けた台北市の旅行会社が企画し、県はバス代など約400万円を補助した。桃園国際空港(台湾)-関西国際空港の定期便を利用して4~12月、計約90回開催する。1回35人程度が参加。4泊5日の国内滞在で、県内では水木しげるロード(境港市)やコナン通り(北栄町)、鳥取砂丘(鳥取市)などを巡る。大阪、兵庫も訪れる。

 昨年1年間の台湾からの県内宿泊者数は延べ1万6280人で、今回は約2割に当たる。県観光戦略課は「鳥取の良さを知ってもらい、今後のチャーター便の需要などにつなげたい」と話している。【園部仁史】






コメントを残す