「ひなビタ 」をリアルに体験して 鳥取・倉吉市、マップを作成 – 産経WEST – 産経ニュース



 鳥取県倉吉市は、ウェブ連動型音楽配信企画「ひなビタ♪」の舞台のモデルとされる同市を歩いて、ひなビタ♪の世界観を感じてもらおうと、「倉吉でひなビタ♪リアル体験マップ」を作成、配布を始めた。

 マップはA3サイズの2つ折り。ひなビタ♪の作品や登場キャラクター8人を紹介するほか、その舞台になっている架空の都市の「倉野川市」と倉吉市が非常に似ているため、平成28年4月に姉妹都市提携をしたことも説明している。

 裏面には、昭和レトロの雰囲気が漂う同市中心部の白壁土蔵群周辺を歩きながらキャラクターのスタンプを集めるスタンプラリーを楽しめる地図や、倉野川市と倉吉市を対比したイラストなどがある。

 マップは同市役所や白壁土蔵群、JR倉吉駅の観光案内所などで配布している。観光PRと回遊促進を目的としてマップを作成した同市は、「キャラクターの等身大パネルなどもたくさんあるので、マップを手に歩いてもらい、ひなビタ♪の世界を感じてほしい」と話している。





コメントを残す