「恋の日」でピンクのSL、ファンはメロメロ – 読売新聞



 若桜鉄道の若桜駅(鳥取県若桜町)で4月30日、ピンク色に塗装した蒸気機関車(SL)の展示が始まり、多くの鉄道ファンらが訪れた。27日まで。

 同鉄道が2016年から、5月1日を語呂合わせで「恋の日」として、保有するC12形SLを期間限定でピンク色に塗っている。この日、SLが汽笛を鳴らしながら車庫から現れると、待ち構えた鉄道ファンや観光客らが盛んにシャッターを切っていた。

 最前列で撮影していた兵庫県加古川市の小学4年生(9)は「ピンク色でかわいい。いい写真が撮れた」と笑顔。鳥取県八頭町立船岡小4年(9)は「インパクトがあって、黒色よりもこっちの方が好き」と喜んでいた。





コメントを残す