【写真特集】「桜ずもう」は楽し – 日本海新聞



2018年5月2日

 倉吉市の春の風物詩「桜ずもう」(桜杯争奪相撲選手権大会)が4月29日、市営相撲広場で開かれた。佐渡ケ嶽親方をはじめ、琴奨菊関、先代親方の孫の琴鎌谷さんらが訪れ、小・中学生力士らの熱い取組を観戦。





コメントを残す