初期向けの暮らしガイド 当事者から助言、不安取り除く 都健康長寿医療センター作製 – 毎日新聞



 認知症になったばかりの人に向けた「本人にとってのよりよい暮らしガイド」が発行された。作製には認知症当事者が参加。認知症の診断を受けてから介護保険サービスを必要とするまでに相談相手がおらず不安に思う「空白期間」が生じる人が多いとの指摘があり、「一足先に認知症になった私たちからあなたへ」という副題で体験を紹介している。

 ガイドは東京都健康長寿医療センターが作製し、当事者らでつくる「日本認知症本人ワーキンググループ」が…



この記事は有料記事です。

残り364文字(全文573文字)




コメントを残す