【週間投げ釣り情報】鳥取・境港でマダイ62・1センチ – スポーツ報知



 西日本の7会場で全日本サーフ大阪協会(池田譲治会長)が春季大会を開催し201人が参加した。各会場の主な釣果を挙げる。

 ▽泉南会場 和歌山・田辺市池田湾で高石サーフの内山忠雄会長がキビレ40・7センチとマダイ30・5センチ。一般参加の空山佳弘さんが大阪・みさき公園裏でアブラメ37センチ。同じく一般参加の梅野友美さんが和歌山・由良でキビレ42センチ。

 ▽中紀会場 和歌山・田辺市内之浦で泉陽サーフの山本さんがエソ44・5センチ。衣奈一文字で北斗サーフの安原さんがエソ42・9センチ。由良で同クラブの島田さんがキビレ37センチ。

 ▽鳥羽会場 三重・紀北町引本で高槻サーフの植木さんがマダイ41センチ。

 ▽淡路会場 徳島・今切川で西大阪サーフの大野健太郎会長がアブラメ36と37・5センチ、同クラブの矢野さんがアブラメ40・4センチ。淡路市仮屋漁港で西大阪サーフの渕上さんがマコガレイ32・2と40センチ。岩屋海岸で同クラブの仙石さんがマコガレイ39・5センチ。

 ▽鳴門会場 徳島・沖洲で東大阪拓研サーフの朝尾健一会長がアブラメ39・5と41センチ、アワジフィッシングクラブの網谷さんがアブラメ30・3と33・6センチ。明神で大阪黒潮サーフの白杉さんがアブラメ34と37・1センチ。吉野川河口でアワジフィッシングクラブの長谷川さんがキビレ33・5センチとアブラメ36センチ。小松島で大正サーフの垣内さんがアブラメ33・5センチ2尾。

 ▽境港会場 カニかご岸壁でレインマンサーフの末井さんがマダイ62・1センチ、OKACの廣島さんがマコガレイ41センチ、関西投友釣クラブの澤田さんがアコウ34・3センチ。隠岐汽船乗り場でレインマンサーフの千原さんがマコガレイ32と35センチ、同クラブの浜口さんがハネ54・3センチ。

 香川・高松市郷東町で高松サーフの尾崎さんが短時間でマコガレイ34、39センチとキビレ40センチの好釣果。餌はマムシ。(報知APG・野村 道雄)





コメントを残す