牛乳販売で子ども食堂支援 エースワンとひまわり乳業 高知県 – 高知新聞



寄付の取り組みを始めた中山太陽社長(左から2人目)と吉沢文治郎社長(同3人目)=2日午後、高知県庁

寄付の取り組みを始めた中山太陽社長(左から2人目)と吉沢文治郎社長(同3人目)=2日午後、高知県庁

 高知県内外でスーパーを展開するエースワン(高知市薊野南町)とひまわり乳業(南国市物部)は5月から、エースワンの各店舗で販売した「くらしのエース牛乳」(1リットル、税込み180円)1本につき1円を、県の補助金や寄付金で運営する「県子ども食堂支援基金」に贈る取り組みを始めた。
 
 くらしのエース牛乳は両社が共同開発し、県内ではエースワンの11店舗で年間約30万本が売れているという。…





コメントを残す