県春季大会 石見智翠館、サヨナラV /島根 – 毎日新聞



【立正大淞南-石見智翠館】十回裏石見智翠館1死一塁、田中時の中越打でサヨナラ勝ち=島根県出雲市大社町の県立浜山球場で、鈴木周撮影



 県高校春季野球大会(県高野連、県教委主催)は4日、県立浜山球場(出雲市)で決勝があり、石見智翠館が5-4で立正大淞南にサヨナラ勝ちして2年連続8回目の優勝を果たした。3位決定戦は開星が10-3で平田を降した。石見智翠館は6月2日に山口県で開幕する中国大会に、上位3校は6月8日に鳥取市で開幕する山陰大会に出場する。【鈴木周】

 ▽決勝

【県立浜山球場】

立正大淞南

  0002002000=4

  0100002101=5

石見智翠館

 (延長十回)

 (立)新田-品川

 (石)西村優、榊原、菱谷-上田

▽本塁打 田中時、水谷(石)

▽二塁打 渡辺2(立)田中時(石)

【立正大淞南-石見智翠館】七回表立正大淞南2死二、三塁、渡辺の左越適時打で一時はリードを3点に広げる=島根県出雲市大社町の県立浜山球場で、鈴木周撮影

 石見智翠館は二回、田中時の本塁打で先制したが四回に逆転を許した。3点差で迎えた七回、水谷の本塁打などで2点を挙げ、八回に追いつく。延長十回、1死一塁で田中時が中越え打を打ち、サヨナラ勝ちした。立正大淞南は七回、犠打や盗塁を絡めてリードを広げるも反撃に屈した。

開星3位、山陰大会へ

 ▽3位決定戦

平田

  003000000=3

  00030250×=10

開星

 (平)高橋、錦織、小川-鎌田

 (開)才木、中村-山根

▽本塁打 石飛(開)

▽二塁打 高橋(平)松本(開)

 開星は四回に石飛の本塁打で同点とし、六回は犠打を絡めて2点を挙げ逆転。七回も松本の適時打などで突き放した。投げては2人目の中村が無失点の好投。平田は再三チャンスを作ったが相手の好守に阻まれ、四回以降は無得点に終わった。






コメントを残す