容疑で小学校教諭逮捕、外国籍の夫も 愛媛 – 毎日新聞




 愛媛県愛南町教委は9日、小学校の女性教諭が自宅で大麻草を栽培したとして、大麻取締法違反の疑いで厚生労働省四国厚生支局麻薬取締部(高松市)に逮捕されたことを明らかにした。同部は「コメントできない」としている。

 町教委によると、逮捕されたのは、町立小学校に勤務するエルマン祐子容疑者(41)と、外国籍の夫。町内の自宅で大麻草を栽培しているのが見つかったとして、8日に逮捕された。町教委の担当者は「勤務態度は良好だったので驚いている」と話している。教育長が10日に記者会見を開き、謝罪するという。【中川祐一】






コメントを残す