大山で不明の男性捜索続く(鳥取県) – 日テレNEWS24



大山で不明の男性捜索続く
(鳥取県)

5月5日から大山で行方不明になっていると思われる50代の男性の捜索は、10日も続けられたがまだ見つかっていない。5月5日の朝から行方不明となっているのは、鳥取県立境港総合技術高校の教諭で米子市上福原の大西浩和さん(59)。警察などが5月7日から捜索を続けているが、10日も見つからなかった。警察によると、大西さんが行方不明になった日に大山で登山をした人から、大西さんと思われる男性を目撃したという情報が寄せられている。その男性は、軽装で黒い服、小さなバックパックを背負い、大山山系の一つ、甲ヶ山にある通称ゴジラの背とよばれる方向へ向かったことがわかっている。警察では、10日ゴジラの背付近を中心に捜索したが、11日も範囲を広げて捜索を続ける予定。

[ 5/10 17:56 日本海テレビ]





コメントを残す