「上撰 白鶴 生貯蔵酒」が全国発売開始から35年 – SankeiBiz



 白鶴酒造株式会社(本社:神戸市、社長:嘉納健二、資本金:4億9,500万円)は、「上撰 白鶴 生貯蔵酒」が全国発売開始から35年を迎えるにあたり、2018年5月生産分から「愛されて35年」ロゴ付き商品を期間限定発売します。
生貯蔵酒とは、お酒を生で貯蔵、瓶詰め前に一度だけ熱殺菌したお酒のことで、「上撰 白鶴 生貯蔵酒」は、「限外ろ過(※1)処理生貯蔵」技術の開発により、生の風味を残しつつ常温流通を可能にした商品です。発売以来多くの方にご愛飲いただき、“生貯蔵・生詰カテゴリー売上”でNo.1(※2)のブランドです。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/156678/img_156678_4.jpg

 ※1限外ろ過
UFとも表現し、孔径が0.01~0.001μm(1μm=0.001mm)の膜でろ過する技術
生酒中の酵素をほとんど除去することで、酒質の変化を抑え、しぼりたての香味を長期間保持することが可能

 ※2インテージSRI調べ
2016年2月~2018年3月累計販売金額(全国SM/CVS/酒DS 計)

 ▼商品情報サイト
http://www.hakutsuru.co.jp/product/nihonshu/nama.shtml

 ▼「上撰 白鶴 生貯蔵酒」ブランドサイト(2018年6月1日更新予定)

 http://www.hakutsuru.co.jp/namachozo/

 画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/156678/img_156678_5.jpg

 ■商品概要
商品名 上撰 白鶴 ねじ栓 生貯蔵酒 300ml/上撰 白鶴 生貯蔵酒 300ml/上撰 白鶴 生貯蔵酒 180ml
参考小売価格 346円/346円/211円(消費税別)
原材料 米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
アルコール分 13度以上14度未満
日本酒度 +2
酸度 1.2
アミノ酸度 1.1
発売日 2018年5月生産分から順次切り替え

 【一般のお客様からのお問い合わせ先】
白鶴酒造株式会社 お客様相談室
〒658-0041 神戸市東灘区住吉南町4丁目5番5号
TEL:078-856-7190(平日/9:00~17:00)
白鶴ホームページ:http://www.hakutsuru.co.jp/customer/





コメントを残す