傷害容疑で3人逮捕 山口組傘下組員 /兵庫 – 毎日新聞




 今年3月、指定暴力団・神戸山口組幹部の古川恵一・古川組元組長(57)が尼崎市の路上で襲撃された事件で、県警暴力団対策課などは15日、指定暴力団・山口組傘下組織幹部の男3人を傷害容疑で逮捕した。

 逮捕されたのは、松岡靖生(36)=愛知県豊川市蔵子3、福田朋彦(36)=同県豊橋市前田南町2、井上勲(49)=同市小池町=の3容疑者。3人は調べに黙秘しているという。福田、井上の両容疑者は同じ組織に所属している。

 逮捕容疑は3人は共謀し、3月7日午後8時35分ごろ、尼崎市神田北通4の路上で古川幹部を棒状のもので殴り、右腕と右脚に打撲傷を負わせたとしている。同課によると、古川幹部は飲食店を出た後、声をかけられ暴行された。防犯カメラの映像から3人の関与が判明、うち2人が実際に襲ったとみられる。

 神戸山口組は2015年8月に山口組から分裂して結成。古川幹部は分裂後に神戸山口組に移った。警察庁は16年3月、両団体を対立抗争状態にあると認定し、警戒を続けている。

〔神戸版〕






コメントを残す