聾学校卒業生の変化を追った写真展(鳥取県) – 日テレNEWS24



聾学校卒業生の変化を追った写真展
(鳥取県)

聴覚障害について広く知ってもらおうと活動を続けている高田啓一さんの写真展が、鳥取県若桜町の若桜郷土文化の里「たくみの館」で開かれている。「現在を生きる」と題されたこの写真展には、高田さんが教員を務めていた鳥取聾学校の卒業生を写した作品30点が展示されている。写真は全て2枚で1組になっていて、2枚目は、1枚目の5年後を写したものとなっている。鳥取市内の卒業生同士の夫婦を写した家族写真では、5年の間に子どもが1人増え、さらに女性のおなかの中にも新しい命が宿っている様子がわかる。6月3日まで。

[ 5/16 20:45 日本海テレビ]





コメントを残す