先月リニューアル、日用品も販売 みなみ波賀 兵庫県宍粟市 – 毎日新聞



人気の「揚げかきもち」=道の駅「みなみ波賀」提供



 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 兵庫県宍粟(しそう)市の道の駅「みなみ波賀」は4月にリニューアル工事を終えたばかり。ゴールデンウイーク中には多くの客が訪れた。

道の駅「みなみ波賀」=兵庫県宍粟市波賀町安賀で、関野正撮影

 兵庫県姫路市と鳥取市とを結ぶ国道29号沿い。2013年までに完成した鳥取自動車道に多くの車両を奪われ、国道の通過量が減少しているが、駅長の坂口和幸さん(57)は「『みなみ波賀』を目的地としてもらえるよう、魅力を高めたい」と話す。登録している地元の約140の農家から寄せられた、大根やキャベツ、ネギ、キュウリなどの野菜の委託販売をしている。また、レストランでは、自然薯(じねんじょ)料理やジビエ(鹿肉)料理などを出す。地産地消の取り組みだ。

リニューアルオープンした道の駅「みなみ波賀」の店内で品物を選ぶ来店客=兵庫県宍粟市波賀町安賀で、関野正撮影

 自慢の一品は手揚げのかきもち(105グラム入り355円)。もち米とうるち米で揚げ、えび、ごま、のり、しそ入りの4種類ある。200グラム入りの「お徳用」は540円。

 地元の特産品が並ぶ一方、トイレットペーパーやカップ麺、調味料などの日用品もは店内。坂口さんによると、農協系のスーパーマーケット「Aコープ波賀店」が3月で閉店し、買い物に不自由する人たちが増えたためという。地域で唯一のスーパーだったAコープからの委託を受けて日用品を並べるコーナーを設けた。地域によっては道の駅が「スーパーの役割」まで担っているのだ。【関野正】


イチオシ!!

 手揚げかきもち


道の駅「みなみ波賀」(兵庫県宍粟市波賀町安賀)

メモ

 兵庫県宍粟市波賀町安賀。売店は9~19時(青空市は18時まで)、レストランは11~19時(土日祝日は9時から)。第2、第4水曜休み(祝日の場合は営業)。中国自動車道の山崎インターから国道29号で約30分。0790・75・3999。






コメントを残す