鳥取の70代女性、300万円被害 容疑で男2人再逮捕 /鳥取 – 毎日新聞




 鳥取署は16日、住所不定の無職、丸力斗(24)=渕に改姓=と、川崎市の自称とび職、福田幸秀(24)の両容疑者を詐欺容疑で再逮捕した。2人とも「なぜ逮捕されたのか分からない」と容疑を否認しているという。

 再逮捕容疑は、氏名不詳の複数と共謀して3月13日午前10時半~午後2時ごろ、鳥取市在住の70代女性に知人を装って架電。「カバンを盗まれた。会社の通帳が入っていた」「上司の息子がお金を受け取りに行く」などとうそを言い、女性宅付近で現金300万円をだまし取ったとされる。

 同署によると、2容疑者は市内の別の男性から現金をだまし取ろうとした詐欺未遂容疑で4月24日に逮捕(その後、処分保留)されており、余罪を追及する中で今回の容疑が判明した。【南迫弘理】






コメントを残す