3号機概要「一定の理解」 境港、米子両市長が視察 /鳥取 – 毎日新聞



島根原発3号機の原子炉格納容器内を視察する鳥取県境港市の中村勝治市長(中央右)と同県米子市の伊木隆司市長(中央左)=松江市鹿島町片句で、横井信洋撮影



 境港市の中村勝治市長と米子市の伊木隆司市長は16日、建設中の中国電力島根原発3号機(松江市)を視察した。両市長は視察後、これまでの中国電側の説明と合わせて3号機の概要については「一定の理解ができた」との認識を示した。

 両市長は現地で施設の安全性や災害への対応などが実際にどうなっているかを確認。中国電の担当社員の説明を受けながら、原子炉格納容器を中心にタービン建屋や津波対策の防波壁などを見て回った。

 中村市長は「事故防止の手立てが講じられ、緊急時の対策もしっかりしている」、伊木市長も「福島原発の事故を教訓とした新たな対策が施されている」と述べ、安全対策について共に前向きに評価した。【横井信洋】






コメントを残す