島根3号/審査申請の事前了解、22日に地元自治体へ申し入れ | 電気 … – 電気新聞



 中国電力は、建設中の島根原子力発電所3号機(ABWR、137万3千キロワット)について、国の新規制基準適合性審査の申請に向けて、22日に立地自治体の島根県、松江市に事前了解を申し入れる。発電所から半径30キロメートル圏内の出雲市、安来市、雲南市、鳥取県、米子市、境港市の各周辺自治体にも同日、報告する。安全協定に基づく対応で、3号機の審査申請を巡る地元手続きがスタートする。

>>この記事の続きは『電気新聞』本紙または『電気新聞デジタル』でお読みください





コメントを残す