災害ごみと偽る 容疑の2人逮捕 県警 /熊本 – 毎日新聞




 熊本県警熊本東署は16日、無許可収集した一般廃棄物を熊本地震の災害ごみと偽り手数料を支払わず処分したとして、廃棄物収集運搬業の熊本市東区戸島西4、植木和憲(63)と同区南町、山田裕司(37)両容疑者を廃棄物処理法違反と詐欺の容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は昨年9月23日、同県大津町杉水の家屋で衣類などの一般廃棄物計約2660キロを無許可収集。災害ごみは処理手数料が無料になる熊本市の制度を悪用し、震災ごみと偽って約4万円の支払いを免れたとしている。2人とも容疑を認めているという。

 熊本市によると、植木容疑者らは総額150万円相当の廃棄物を災害ごみとして処分していたとみられる。

 署は無許可と知りながら収集に関わったとして従業員ら3人を廃棄物処理法違反容疑で書類送検する方針。【清水晃平、城島勇人】






コメントを残す