鳥取県:水木しげるロード効果 GW客好調50.5万人 – 毎日新聞 – 毎日新聞



妖怪のブロンズ像が並ぶ「水木しげるロード」=鳥取県境港市で、長宗拓弥撮影



 鳥取県はゴールデンウイーク(GW、4月28日~5月6日)の県内主要12観光地の入り込み客数が50万5321人(昨年比4.8%増)だったと発表した。同じく9日間だった昨年(4月29日~5月7日)よりも2万3318人多かった。好天に恵まれたことや、リニューアル工事の一部が終わった「水木しげるロード」(境港市)が好調だったことが主な要因だとみている。【園部仁史】

 昨年に比べて観光客が増えたのは7カ所。県西部では、23万8111人を集めた水木しげるロードが昨年より2万7023人上乗せし、高い人気ぶりがうかがえた。

 東部だと、鳥取砂丘(鳥取市)に9万8684人(昨年比3896人増)が訪れた。昨年11月に開かれたスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」のイベントで注目を集めたことが引き続き影響したとみられる。

 中部では、倉吉市にある白壁土蔵群の「赤瓦」が、今年4月に近くに開館した「円形劇場くらよしフィギュアミュージアム」の相乗効果もあり、同じく1085人増の6950人だった。

 一方で、「夢みなとタワー」(境港市)や「大山まきばみるくの里」(伯耆町)など5施設は昨年より軒並み減少。県は原因を調査して対策を図りたい考え。

入り込み客数が増えた7観光地

観光地名      所在地  観光客数 増加数

水木しげるロード  境港市  23万8111 2万7023

鳥取砂丘      鳥取市  9万8684   3896

青山剛昌ふるさと館 北栄町  1万6439   1916

赤瓦(一号館)   倉吉市    6950   1085

鳥取砂丘こどもの国 鳥取市  2万4870   1065

わらべ館      鳥取市    7543   564

中国庭園燕趙園   湯梨浜町   4031   299






コメントを残す