鳥取)水木記念館も新装 「アニメ鬼太郎展」に 境港市 – 朝日新聞社



 鳥取県境港市出身の漫画家・故水木しげるさんの足跡を紹介する市施設「水木しげる記念館」(本町)で、展示内容の一部が新装された。2003年の開館から今年で15周年。より幅広い年代が楽しめるようにとの模様替えで、水木しげるロードが新装オープンする14日から公開する。

 報道各社に10日、公開された。新装したのは長年展示していた「ゲゲゲの食卓」。ゲゲゲの鬼太郎が1月にアニメ化から50周年を迎え、4月からは第6作がテレビ放映されていることから、「アニメ ゲゲゲの鬼太郎展」の展示室(約40平方メートル)として一新した。

 各作の内容や声優らを紹介するパネル6点を展示し、ソファに腰掛けて歴代アニメと主題歌、番組の終わりに流れる歌を60インチの画面を通して鑑賞できる。放映時に販売されていた鬼太郎商品約30点も展示する。

 「食卓」は、水木さんが漫画家…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら





コメントを残す