Jフロント、鳥取大丸との資本提携を解消 :日本経済新聞 – 日本経済新聞



 J・フロントリテイリングは13日、鳥取県の百貨店、鳥取大丸(鳥取市)との資本関係を解消すると発表した。鳥取大丸は経営不振を理由に現在の会社を清算し、筆頭株主の日ノ丸グループなどによる新会社「新・鳥取大丸」を立ち上げて事業を継承させる。店名は「鳥取大丸」を残すが、経営陣を一新させ、新会社が15億円の資金を調達し店舗のリニューアルなどを行う。

 鳥取大丸はJ・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店が14%出資する老舗百貨店。今回、鳥取大丸が9月1日に会社分割を実施し、新会社で新たな資本・経営体制に移行する計画をJ・フロントリテイリングに通知。会社分割をもって大丸松坂屋百貨店は新・鳥取大丸との間で資本関係を解消する。保有する株式の売却先など処分方法は決まっていない。

 新会社と大丸松坂屋百貨店は商品調達の業務委託やライセンスに関する契約を新たに締結するため、鳥取大丸の店名は維持する。





コメントを残す